マーチンゲール法 勝てない/驚異のカジノの理論の攻略のコツ

マーチンゲール法 勝てない/驚異のカジノの理論の攻略のコツ

オンカジでマーチンゲール法を検証するには

オンカジでマーチンゲール法を検証するには

 

オンラインカジノに登録し、アカウントに入金する。
ルーレットなどの、勝敗が50%のゲームを選ぶ。
ベット額を決める。
負けた場合は、ベット額を倍にする。
勝った場合は、ベット額を元に戻す。
上記を繰り返す。
検証する期間や回数は、任意で決めることができます。

 

例えば、100回勝負する検証を行う場合は、以下の手順で行います。

 

     

  • 100回分のベット額を用意する。
  •  

  • 1回目は100円でベットする。
  •  

  • 負けた場合は、200円でベットする。
  •  

  • 勝った場合は、100円でベットする。
  •  

  • 上記を繰り返す。

 

検証結果は、勝利回数、勝率、収支などを確認します。

 

マーチンゲール法は、理論上は勝率が50%のゲームであれば、必ず勝つことができます。しかし、実際には連敗する可能性があり、資金が尽きてしまうリスクがあります。

 

検証を行う際には、このリスクを十分に理解した上で、自己責任で行うようにしましょう。

 

以下に、マーチンゲール法を検証する際の注意点をいくつか挙げます。

 

     

  • 勝率が50%のゲームを選ぶ
  •  

  • ベット額を高く設定しない
  •  

  • 連敗する可能性を想定して、十分な資金を用意する

 

また、マーチンゲール法はあくまでも勝率を上げる方法の1つであり、必ず勝つことができるわけではありません。他の攻略法も併用しながら、慎重にプレイするようにしましょう。

 

マーチンゲール法攻略シミュレーション

マーチンゲール法攻略シミュレーション

 

しかし、マーチンゲール法は、理論上は勝てる方法ですが、実際のプレイでは大きなリスクを伴う方法です。 なぜなら、勝つまで賭け金を増やし続けるため、連敗が続くとあっという間に軍資金を失ってしまう可能性があるからです。

 

下図は、マーチンゲール法をヨーロピアンルーレットで50回プレイした場合のシミュレーション結果です。

 

このシミュレーションでは、1ユニット=1ドルで、手持ちの軍資金は5,000ドルで設定しました。

 

結果は、27勝23敗で、勝率は54.0%でした。 勝った場合の利益は、1ユニット×勝利数=27ドルでした。 負けた場合の損失は、賭け額×連敗数=34ドルでした。

 

この結果から、マーチンゲール法は、勝率が54.0%とそれなりに高いことがわかります。 しかし、連敗が続くと大きな損失を被る可能性があることもわかります。

 

マーチンゲール法を利用する場合は、以下の点に注意が必要です。

 

     

  • 手持ちの軍資金を十分に準備する
  •  

  • 連敗が続いた場合の損失を想定する
  •  

  • 勝ったらすぐにやめる

 

マーチンゲール法は、理論上は勝てる方法ですが、実際のプレイでは大きなリスクを伴う方法です。 利用する場合は、上記の点に注意して、慎重に利用するようにしましょう。

 

マーチンゲール法は勝ち負けのタイミング次第

マーチンゲール法は勝ち負けのタイミング次第

 

マーチンゲール法は、負けたときに賭け金を倍々にしていく方法です。勝率が50%であれば、理論上は必ずプラス収支になるはずです。しかし、実際には負けが続くと賭け金が大きくなってしまうため、資金が尽きてしまうリスクがあります。

 

例えば、勝率が50%で、1回あたりの賭け金を100円として、5回連続で負けた場合、6回目に勝ったときの利益は5000円になります。しかし、5回連続で負けた場合の損失は5000円であり、資金が5000円以下であれば、6回目に勝っても利益を出すことは不可能です。

 

また、勝ち負けのタイミングによっても、収支は大きく変わります。例えば、同じく勝率が50%で、1回あたりの賭け金を100円として、10回連続で勝負した場合、最も利益が出るのは、1回目から10回連続で勝ったときです。この場合の利益は9000円になります。

 

一方、最も損失が出るのは、1回目と2回目は勝ち、3回目から10回連続で負けたときです。この場合の損失は9000円になります。

 

このように、マーチンゲール法は、勝率が50%であれば理論上は必ずプラス収支になるはずですが、実際には負けが続くと資金が尽きてしまうリスクがあり、勝ち負けのタイミングによっても収支が大きく変わるという特徴があります。

 

そのため、マーチンゲール法を利用する場合は、資金管理をしっかりと行い、勝ち負けのタイミングにも注意する必要があります。

 

マーチンゲール法の損切りと勝ち逃げタイミング

マーチンゲール法の損切りと勝ち逃げタイミング

 

損切りのタイミング

 

損切りのタイミングは、完全に自己判断となります。一般的には、次のいずれかのタイミングで損切りを検討するとよいでしょう。

 

     

  • ベット額が予算を超えた場合
  •  

  • 連敗が3回続いた場合
  •  

  • 勝ちが続いた場合

 

ベット額が予算を超えた場合、たとえ勝っても損失を回復することはできません。また、連敗が3回続いた場合、その時点での損失は、さらにベット額を倍にした場合の損失とほぼ同等となります。そのため、3回連敗した時点で損切りを検討するとよいでしょう。

 

勝ちが続いた場合、損切りを検討することで、利益を確保することができます。ただし、勝ちが続いたからといって、必ずしも連勝するわけではありません。そのため、勝ちが続いた時点で損切りを検討するかどうかは、慎重に判断する必要があります。

 

勝ち逃げのタイミング

 

勝ち逃げのタイミングは、損切りのタイミングと同様、自己判断となります。一般的には、次のいずれかのタイミングで勝ち逃げを検討するとよいでしょう。

 

     

  • 目標とする利益額を達成した場合
  •  

  • 連勝が3回続いた場合
  •  

  • 負けが続いた場合

 

目標とする利益額を達成した場合、それ以上賭ける必要はありません。また、連勝が3回続いた場合、その時点での利益は、さらにベット額を倍にした場合の利益とほぼ同等となります。そのため、3回連勝した時点で勝ち逃げを検討するとよいでしょう。

 

負けが続いた場合、損切りと同じように、損失を拡大させないために勝ち逃げを検討するとよいでしょう。ただし、負けが続いたからといって、必ずしも連敗するわけではありません。そのため、負けが続いた時点で勝ち逃げを検討するかどうかは、慎重に判断する必要があります。

 

マーチンゲール法は、理論上では必ず勝てる賭け方ですが、実際には連敗する可能性があり、その場合は損失が拡大する可能性があります。そのため、損切りや勝ち逃げのタイミングを慎重に判断し、リスクをコントロールすることが重要です。