ココモ法 使い方/実践の注意点のコツの攻略法の人気

ココモ法 使い方/実践の注意点のコツの攻略法の人気

オンカジで使えるココモ法とは

オンカジで使えるココモ法とは

 

ココモ法のルールは、以下のとおりです。

 

最初のベット額は1ユニットとする。
負けた場合は、ベット額を2倍にする。
勝った場合は、ベット額を1ユニットに戻す。
このルールに従ってベットしていくと、連敗が続いた後に勝った場合に、それまでの損失額をすべて取り戻すことができます。

 

例えば、最初のベット額を100円とした場合、連敗が4回続いた後に勝った場合、合計のベット額は1600円になりますが、勝利金は4000円となるため、1500円の利益が得られます。

 

ココモ法は、3倍配当のゲームで利用することができます。ルーレットのダズンベットやコラムベット、ブラックジャックのダブルダウンなどが該当します。

 

ココモ法のメリットは、以下のとおりです。

 

     

  • 1回の勝ちで損失額をすべて取り戻せる。
  •  

  • 少額でも利用できる。
  •  

  • 連敗すればするほど、勝った時の利益が大きくなる。

 

ココモ法のデメリットは、以下のとおりです。

 

     

  • 連敗が続くと、ベット額が大きくなりすぎる可能性がある。
  •  

  • 連敗が続いた場合に、損失額が膨らむ可能性がある。
  •  

  • ココモ法を使う際は、以下の点に注意しましょう。

 

 

ベット額の上限を決めておく。
連敗が続いた場合は、無理に続けない。
ココモ法は、一回の勝ちで損失額をすべて取り戻せるというメリットがある一方で、連敗が続くとベット額が大きくなりすぎる可能性があるというデメリットがあります。

 

上記の注意点を守って、無理のない範囲で利用するようにしましょう。

 

オンカジでココモ法を使うときの注意点

オンカジでココモ法を使うときの注意点

 

ベット額の上限と下限に注意する
ココモ法は連敗が続くとベット額が上がっていきます。ベット額の上限が低いゲームでココモ法を進めると、どこかの段階で賭けたい金額をベットできなくなるという場面が出てきます。そのため、ベット額の上限と下限を必ずチェックし、自分の資金や戦略に合ったゲームを選びましょう。

 

空回し(ベットせずにスピン)ができるものを選ぶ
空回し(ベットせずにスピン)ができるものを選んでおくと、ココモ法の成功率を上げるために戦略を立てることができるようになります。つまり、何回かの勝負の結果を見たうえで、自分のタイミングでココモ法を使用することができるということです。

 

連敗に備えて十分な資金を用意する

 

ココモ法は連敗が続く可能性が高い方法です。そのため、連敗に備えて十分な資金を用意しておきましょう。また、連敗が続いても冷静に判断し、無理な賭けをしないことも大切です。

 

ココモ法はギャンブルの一種であることを理解する
ココモ法は、勝率を上げる方法ではありますが、確実に勝てる方法ではありません。あくまでもギャンブルの一種であることを理解し、損失を覚悟した上で使用しましょう。

 

具体的な注意点としては、以下のようなものが挙げられます。

 

     

  • ベット額は、1回の勝利で元が取れるように設定する。
  •  

  • 連敗が3回続いたら、いったん休憩する。
  •  

  • 勝ち逃げするタイミングを見極める。

 

ココモ法は、うまく活用すれば勝率を上げることができる方法ですが、上記のような注意点を守って使用することが大切です。

 

ココモ法が有効なカジノゲームとは

ココモ法が有効なカジノゲームとは

 

ココモ法が有効なカジノゲームは、勝率30%、配当3倍のゲームです。この条件を満たすゲームは、ルーレットの「ダズンベット」や「コラムベット」などです。

 

ルーレットのダズンベットでは、1st12、2nd12、3rd12のいずれかに賭けるゲームです。勝率は30%、配当は3倍です。

 

コラムベットでは、1列のいずれかに賭けるゲームです。勝率は30%、配当は3倍です。

 

これらのゲームは、勝率が30%と低いため、連敗する可能性は高くなります。しかし、ココモ法を使うことで、連敗しても最終的に勝つ可能性が高まります。

 

ただし、ココモ法はあくまでもシステムベットであり、勝率を100%保証するものではありません。また、連敗が続くと賭け金が急激に増えるため、テーブルリミットに達する可能性にも注意が必要です。

 

ココモ法を利用する際は、勝率30%、配当3倍のゲームを選び、連敗時のリスクを理解した上で、自己責任で利用するようにしましょう。

 

ココモ法とマーチンゲール法を比較

ココモ法とマーチンゲール法を比較

 

共通点

 

負けた時に賭け金を増やしていく
理論上は、確率的に勝率を上げることができる
相違点

 

     

  • 増やし方 負けた時の賭け金 × 1.618 負けた時の賭け金 × 2
  •  

  • 連敗時のベット額の増加スピード マーチンゲール法の方が速い ココモ法の方が遅い
  •  

  • 一度の勝利で取り返せる損失額 負けた分の賭け金 + 1.618 倍の賭け金 負けた分の賭け金 + 2 倍の賭け金
  •  

  • 理論上の勝率 連敗の確率が低ければ高い 連敗の確率が低ければ高い

 

メリット

 

理論上は、連敗の確率が低ければ高い勝率を上げることができる
一度の勝利で損失を回収し、さらに利益を得ることができる

 

デメリット

 

連敗が続くと、ベット額が急激に増加する
資金が限られている場合は、連敗で資金を溶かすリスクがある
使い分け

 

ココモ法とマーチンゲール法は、どちらも理論上は勝率を上げることができるシステムベッティングです。しかし、連敗時のベット額の増加スピードが異なるため、以下のように使い分けるのが一般的です。

 

連敗が続くと大きな損失が発生する可能性が高い賭け方(ルーレットの奇数・偶数やバカラのバンカー・プレイヤーなど)には、マーチンゲール法を使う。
連敗が続いても大きな損失が発生する可能性は低い賭け方(ルーレットの赤・黒やバカラの引き分けなど)には、ココモ法を使う。
また、資金が限られている場合は、連敗が続くと資金を溶かすリスクがあるため、マーチンゲール法の使用は避けたほうがよいでしょう。