バカラのルール表/画像のこれだけ、攻略法、徹底、カジノ

バカラのルール表/画像のこれだけ、攻略法、徹底、カジノ

バカラのルール表

バカラのルール表
バカラのルール表は、バカラのゲームの進行において、プレイヤーとバンカーがそれぞれのカード合計数により、3枚目のカードを追加するかどうかを決定するための表。

 

この表は『ヒット&スタンドチャート』とも呼ばれます。

 

バカラのルールを詳しく解説ー攻略法と配当の把握法、罫線や絞りについて|まとめ›バカラ›カジノのバカラ›...—バカラのルールを一日でマスターしよう!バカラは複雑なルールだけではなく、テーブルの中央にある罫線を見つめることも重要な点です。

 

バカラのバンカーとプレイヤー

バカラは、プレイヤーとバンカーのどちらが勝つかを予想して賭けるだけの非常にシンプルなゲームです。プレイヤーが先攻でバンカーが後攻となり、プレイヤーからカードが交互に配られ2枚ずつの手札でゲームをします。そして、カードの合計点によってヒット・スタンドが決められているのでそれに従ってカードが配られます。その結果、どちらが勝ったのかによって配当金が支払われたり賭けたチップを失ったりします。

 

バカラのバンカーのコミッション(手数料)

バカラのバンカーのコミッション(手数料)
バカラのゲームで、BANKERにベットして的中した場合、ベット額の95%が配当金として支払われます。つまり、手数料として5%が差し引かれます。これは、BANKER側の方が確率的に1%程度勝つ確率が高いためです。

 

バンカーが勝利する度に賭け金に対して5%の手数料を徴収します。

 

バンカーが「6」でプレイヤーに勝利した場合は、賭け金に50%の手数料を請求します。

 

そして、バンカーが3枚の目を引いて「7」でプレイヤーに勝利した場合は、賭け金に対して100パーセントの手数料を徴収します。

 

プレイヤーはトリプルオッズをプレイしたとしても、コミッションは有りません。

 

バカラにはプレイヤーとバンカーのいずれかが勝利すると、ハウスエッジが介在するため、カジノ側からは勝利時のコミッションを取らなければなりません。

 

そのため、コミッションはバカラの必然的な結果となっています。

 

しかし、ノーコミッションバカラをプレイするときはハウスエッジが小さくなって、プレイヤーは配当が増えるので有利です。

 

そのため、コミッションなしバカラがオンラインカジノなどで非常に人気があります。

 

もし、コミッションなしバカラをプレイするなら、プレイヤーはドン・ペイと呼ばれる、最大配当1.95倍で勝つ確率が増えるので、勝利確率が高くなります。

バカラのタイ(引き分け)

バカラのタイ(引き分け)

 

バカラのゲームで、プレイヤーとバンカーのカード合計値が同じ場合は引き分け(タイ)となります。引き分け(タイ)の場合、ベットした額は返還されるが利益もないです。ただし、TIE(引き分け)にベットして的中した場合は、ベット額の800%(8倍)が配当金として支払われます。

 

プレイヤーとディーラーの二つのグループでカードを配り、その最終得点が一番近い方が勝者となりますが、ハウス・ルールによりプレイヤー、バンカーが同じ得点である場合、引き分けで「タイ(TIE)」となります。

 

プレイヤーとバンカー両方が『ナチュラル』でスコアが同じだった場合は、TIE(引き分け)であり、掛け金をそのまま受け取ることができます。

 

TIE(引き分け)の賭け方は複雑なルールを理解する必要はありませんが、引き分けの場所に注目する必要があります。

 

プレイヤーが掛け金をTIEエリアに投入した場合には、戻り金の8倍を受け取ることができます。

 

引き分けのない場合では、少なくとも2枚ずつで勝負が決まり、勝率が半分ほどの確率をもつため、プレイヤーもバンカーも安全な戦略として勝率をあげることができます。

 

最後に、バカラはかなり簡単なルールを理解するだけでプレイできるので、カジノにいつでも行けるというメリットがあります。

 

その理由から、賭けをする人々にとってNUMBER1のゲームであり、自分もプレイしてみるのは一度試してみる価値はあります!

バカラの大路

バカラの大路
大路(ダイロ)は、バカラの罫線の中でも基本。

 

罫線とは、ゲームの結果を記録した表のことです。ギャンブルの結果には必ず偏りが出ますが、罫線に記された結果からその偏りを読んで次はどちらが勝つかを予想することで、バカラの勝率を上げることが可能とされています。

 

大路の表記方法には3つあります。プレイヤーが勝利した場合青丸( )、バンカーが勝利した場合赤丸( )、引き分け(タイ)の場合緑色のスラッシュ(/)を記します.
罫線を正しく書き込む戦術として、左上からスタートし赤い○でバンカー勝利、青い○でプレイヤー勝利を目印にして書き込む方法が標準となっています。

 

同じ罫線になったら「ツラ(連勝)」横の行になったら「横ヅラ(連勝後バンカー&プレイヤーが交互)」が続くなら「横に走る」を意味します。

 

この4つのルールを覚えれば、効率よく勝敗を追うことができます。

 

バカラの大路は、ギャンブルの勝敗を記録した表のことです。

 

ゲームの結果がでる毎に、赤い○や青い○を置いていくことで、青がプレイヤー勝利・赤がバンカー勝利という内容を記録することができます。

 

大路の結果を理解して、罫線には大きく分けて𝟔種類のパターンがあり、どんな時だと勝つのかを一目で知ることができます。

 

そして、慣れてくるとバカラでの勝率があがるかもしれません。