出資と融資の違い

違い

資金調達でよく問い合わせがあるのが、出資と融資の違いです。簡単に説明すると資金の出し手側に「元金の返済をしなくても構わないお金が出資」であり「元金(プラスアルファ)の返済をしなければならないないお金が融資」といえます。もう少し詳しく両者の違いを明確にしておきます

出資について

出資は、投資とも置き換えることができます。その会社のビジネスが成功することを期待してお金を投資するわけです。順調に成功すれば、配当金の要求をされることもあれば、経営への参画もありえます。出資してもらうということは、議決権を相手に渡すことと同意味でもあるからです。もしもその出資金額があなた(社長)よりも大きくなると、実質経営権は社長ではなく出資者にあることになります。雇われ社長という言い方も聞いたことがあると思いますが、まさにこのケースです。その代り、企業の成否にかかわらず出資したお金は返す必要のないお金です。

融資について

一方融資は、借金と置き換えることが可能です。借金には利息が付き物であり、借りたあなたは、借りた金額の原本に利息をプラスして定期的に返済していかなければなりません。
利息については、あなたの借入額や担保の有無など、いわゆる信用力によって変わってきます。無担保ローンであるカードローンやキャッシングでは金利が高く設定されていますし、住宅ローン金利だと、購入した家屋や土地が担保になるので安いのは当たり前です。ただし単純な借入ですので、企業の経営権については全く関連がありません。もちろん返済が滞った場合などはそうではないケースがあり得ます。また企業が成長して、追加で融資を依頼するときなどは、既存や過去の融資に対して滞りなく返済しているかなども判断材料とされます。きちんと返済しているという事実が、次の申請に有利になることもあるということです。

どちらにもメリット、デメリットがありますので、自社を冷静に分析して適切な選択をしてください。ただし最も融通が利くのは、やはり自己資金です。すでに記載しましたが融資を受ける際にも自己資金は少なからず必要になります。出資や融資を考える前に、まず自己資金作りをしっかりしておくことが大事なことです。

資金調達のご相談はこちらから