収支計画書を作る

金融機関が、融資を決定する際に最大の判断材料とするのが収支計画書です。その会社があみだす利益の中から、返済し続けることができるかの見極めですので、かなりシビアになると思ってください。

想定利益をシミュレーション

起業して会社を続けていくと、決算を迎えます。その際に、「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」などを作成していきますが、今回の話題である収支計画書は、損益計算書と似通っています。

これから会社を興そうとしているときに、どれくらい利益を出す見込みがあるのかを具体的に数字で表していきます。

利益を出すためには、少なくとも以下の項目を数値化しなければなりません

  • 売上高…①
  • 売上原価(仕入れ)…②
  • 必要経費(固定費、変動費)…③

単純に①-②-③の数字が利益となります。本来であれば差し引く税金を考慮した純利益を考慮しなければなりませんが、ここではシンプルにするため省きます。

③の必要経費については、毎月変わらず継続してかかる固定費(家賃、従業員給与など)と、月によって数値が変化する変動費(水道光熱費、交通費、通信費、広告宣伝費、消耗品費など)の2種類に分かれます。

これらの項目を縦軸に、そして各月を横軸にした表を作成し、起業後少なくとも12か月間で埋めてみてください。起業当初の約3か月間と軌道に乗った後では数字は異なるので、最低1年間はシミュレーションが必要です。

見込みは保守的に行う

数値を埋めていくうえで大事なことがあります。見込み数字は、必ず保守的にしてください。

つまり自分の想定よりも、売上高はできる限り固く、そしてかかる原価費用や経費は多めに設定します。社長様が収支計画書を作ると、どうしても夢や思いが入ってしまい、希望的観測になってしまうことがよくあります。

ビジネスが、机上の計画通りにうまく進むことはごくごく稀です。自分の全く想定していない外部環境の変化なども起こりえますので、できる限り想定は厳しく設定してください。おそらく何度も何度も書き直すことになると思いますし、完成後は自分のパートナーや、我々のような第三者に内容を必ずチェックしてもらってください。

起業に関するご相談はこちらから