資金繰りとは

そろばん

今回は、資金不足からの倒産に陥らないために重要となる資金繰りについてご説明します。

資金繰りの意味

資金繰りとは、支出に対するお金をどこからか調達してきて、その支出に充てること、またはそうした状況を予測し、把握することです。「黒字倒産」あるいは「勘定あって銭足らず」という言葉がありますが、これは、全体としては利益が出ているのですが、実際の支払をするときに資金(またはキャッシュ)が足りずに倒産してしまうようなケースを言います。したがって、先手先手を打って常に資金を支払に間に合わせていくことは、そのような状況を回避するために非常に重要であり、会社経営の要のひとつでもあります。

資金繰りの基本

まず最初の取り組みとして、支出の予定をすべて洗い出し、資金繰り表を作成することです。責任者が急な金策に走り回ってばかりいるようなことは避けなければなりません。売上があっても、利益があっても、資金がショートすれば会社を存続させていくことは困難になります。また、資金繰り表は、銀行からの融資を受ける場合に提出を要求されることの多いものです。

資金繰り表の作成

日次、月次、3ヵ月、6ヵ月、年次など、表の形式にはいろいろありますが、初めてであればまずは1ヵ月のもの、そして3ヵ月のものを作成してみましょう。前月、当月の実績と現金や預貯金の残高をベースに、入金と出金を予測して集計をします。入金の例では、現金売上、売掛金の入金、受取手形の入金などがあります。一方、出金の例では、現金仕入、買掛金や未払金の支払、支払手形の決済、諸経費、税金の納付などがあります。表の上ではプラスであっても現実ではマイナスとなってしまうことがないように、シビアな予測を心がけましょう。

資金繰り表の活用

次は、作成した表を実際に資金繰りに活用します。資金が潤沢であるなら優先度は下がるかもしれませんが、表でマイナスの月が見つかったら、早急に対策を立てて対応しなければなりません。必要に応じて、借入金を検討します。銀行によっては、資金繰り表のフォームが決まっている場合があります。

資金調達のご相談はこちらから