起業時の資金調達方法

お金

起業家が知っておきたい、代表的な資金調達方法を挙げておきます。

個人借入

• 家族・知人

起業家の身内、友人からの借入のため、条件は比較的低く設定できるが、リスクを共有する。

• 消費者金融

事業資金として確立しているわけではない一般的なもの。総じて金利が高いのであまりお勧めはしない。昨今の法改正で借りづらい状況にもなっています。

融資

• 銀行融資

起業時には相当ハードルが高い。大手銀行はもちろん地方の信用金庫であっても、いきなり融資は難しいので、起業後、安定期に入ってから事業拡大時などの次のステージで利用する場合が多い。

• 公的な融資制度を利用

創業前でも申し込める、無担保、無保証などもありえるなど、創業支援資金としては多くの起業家が利用しています。
これについては、次項で詳しく説明します。

• ベンチャーキャピタルからの出資

確率でいえば、これもかなり低いと思われます。ハイリターンを狙ったかなりアグレッシブな投資を行うので、その事業プランや独自性や将来性などが認められないとテーブルにすら乗らないでしょう。新規上場を目指すような企業でなければ出資は得られない狭き門と思ってください。

• クラウドファンディング

インターネット経由で、不特定多数から資金調達をする方法。どちらかというと小規模な投資家から広く出資を募ることをいいます。資金提供者に対して、リターンが無い「寄付型」、金額のリターンが発生する「投資型」、のほか、何らかの購入や権利を与える「購入型」のような形態がある。資金調達と合わせて、プローモーションも可能な方法。不特定多数のため、自分の計画通りに進むかわからない点が難しい。

このように資金調達方法は多岐にわたります。経営者の資金繰りは毎日の作業であることを伝えました通り、調達方法も常にその選択肢として勉強しておくべきです。倒産した後で、方法を知るなんてことが無いようにしなければなりません。このような勉強も資金繰りの一環です。それでは次回はほとんどの起業家が検討されるであろう公的な融資制度についてお話をさせていただきます。

資金調達のご相談はこちらから