利益を上げる

利益

「利益 = 売上 -仕入れ原価 - 費用」

前述したとおり、利益とは、売り上げから仕入れや経費等を差し引いた残りとなります。企業が生き続けていくためには、利益が必要です。売り上げをあげていても、利益が出なければ意味はないのです。営業マンのノルマで、売り上げ以外に利益ノルマを課していることが多いのは、そのためでもあります。ただ経営者として決算書に関わる以上、利益にはたくさんの種類があることを理解しなければなりません。ここでは5つの利益の意味を示しておきます。

売上総利益=売上高-売上原価

商品力だけで稼いだ利益と言えます。飲食店などではすべてのメニューで原価計算をしていると思いますのでわかりやすいです。

営業利益=売上総利益-経費(販売費及び一般管理費)

売上総利益から、いわゆる経費をさしひいたものです。会社の営業力によって稼いだ利益と言えます。経費は固定費、変動費含めたすべての経費です。決算書上は販売費及び一般管理費という名称になります。

経常利益=営業利益+営業外収益-営業外費用

営業外収益とは、企業の本業以外の活動発生する収益のことで例えば、受取利息、受取配当金、雑収入などをいいます。営業利益と営業外収益を足した金額から、企業の営業活動以外に経常的に発生する費用(営業外費用:支払利息、社債利息、雑費用など)を引いたものを経常利益と呼びます。

税引前当期純利益=経常利益+特別利益-特別損失

名称から想像つくとも思われますが、法人税などの税金を支払う前の利益です。
特別利益、特別損益など、なかなか通常では計上されない異常な数字を考慮した数字をいいます。

当期純利益=税引前当期純利益-法人税-都道府県税等

最終的な会社の利益です。

いかがでしょうか?

売上と異なり、利益と一口に言ってもこれだけ意味が違います。ですが決算時に出てくるだけですので、利益 = 売上 -仕入れ原価 - 費用だけを念頭に置いておけば当面は大丈夫です。経営者としては、この仕入れや費用をいかにしておさえるかに頭を悩ますことになるでしょう。

次回で、その方法論についてお話いたします。

起業に関するご相談はこちらから