開業時の必要資金をシミュレーションする

正確なシミュレーションを行う

普通、初月から売り上げは上がりませんが、経費は会社を興した時から(正確には興す前からですが)かかってくるものです。

オフィスを構えるのであれば、敷礼金などの初期費用がかかりますし、通常の家と同じく前家賃も必要です。店舗経営をする場合は、設備費用にかなり支出が必要なこともあります。

前回の収支計画書で記載した毎月の入手金以外に初期投資が思いのほかかかることを改めて認識されるでしょう。

また、売上が実際、会社の口座にいつのタイミングで入金されるかと言う点もとても大事なことです。飲食店などの店舗経営でない限りは、売上を即座に現金で受け取るような形はありません。売り上げが上がった月に請求書を発行して、実際の入金は翌月末支払など、近い将来に入金が約束される、つまり売掛金として未集金状態になることはビジネスでは当たり前のようにあります。

さらに大手との取引では、その会社の支払いサイトに合わせざるを得ない状況もでてくるかもしれません。乱暴な言い方ですが、起業後2,3か月程度は会社への入金はないという前提で、必要経費のシミュレーションをすべきです。

資本金投入額を決定する

このように開業の段階で、およそいくら必要かをきちんと把握し、準備しなければなりません。

資本金の目安については、色々と意見がありますが、少なくとも売上原価と経費の2か月分に初期投資を加えた額がよいでしょう。もちろん多ければ多いほど起業後の資金繰りは楽になるかと思いますが、必要に応じて増資もできないわけではありません。

また会社の資金繰りが苦しい時には、社長自らが会社に貸し付けなどして凌がなければならない状況になるかもしれません。経営者は会社にとっての最後の砦でもありますので、手元にある程度の資金は残しておくこともお勧めしております。

経営者だって生活をしなければなりませんし、家族を養わなければなりません。ギリギリの状況だと、常に資金繰りで頭がいっぱいになり、落ち着いた会社経営はとてもできません。前項でもふれましたが、見込み数字は保守的にしておくことは本当に重要であることが身にしみておわかりいただけるでしょう。

起業に関するご相談はこちらから