購入点数の増やし方

防寒セット

購入点数の増やし方については、現代社会の物販業ではなかなか手を尽くされています。

大手スーパーの場合

例えば、某大手スーパーの場合1000円以上お買い上げのお客様に1円で提供する商品を置いてみたり、一つ500円の商品を三つで1200円で販売したりします。
商品が食品の場合は賞味期限がある為、値下げをして商品サイクルを早めなければ廃棄処分しないといけなくなるので、惣菜などの場合などその日のうちに売り切りたいが為に、出来てから三、四時間毎に値引きをして購入意欲を促す取り組みをしておられます。

家電量販店の場合

家電量販店では、新卒の社会人一年生をターゲットにテレビ、DVD、テレビ台のセットやキッチンの家電など抱き合わせで安く販売しておられます。
近年では、某大手不動産などではマンションの部屋の家電製品全てが着いた部屋を用意しておられる為、大量に家電製品を売ることが出来るというケースもあります。

その他工夫のしかたはいくらでも

パソコンを購入する場合などは沢山ツールがある為購入点数は自然と増える事かと思われます。

某大手総合ディスカウントストアだと、品数が膨大な為来客の目的も多種多様の為、来店するだけで全ての目的が果たせる為かなり強力ではあります。

新社会人にターゲットを絞ると色々購入点数を増やせる物がありそうですね。
スーツを購入する時でも最低6品は購入する事かと思われます。

業種により単価が様々なので方法論は多岐に渡りますので、もっと掘り下げて考える必要がありますが、購入点数を増やして貰う取り組みを事業者側が行うと利益の圧迫に繋がるケースが多くなる為、スタートの販売価格を慎重に決めた上で取り組んでいかなければなりません。

単品で購入して頂く場合には利益が多くなる訳ですから、単品の顧客と購入点数の多い顧客のバランスを考えて取り組んだ方がより上手く営業していけます。

起業に関するご相談はこちらから