売上をあげるためには

上昇

売り上げの式は「 売上 = 客数 × 購入単価 × 購入頻度 」であるとお伝えしました。売り上げを伸ばすためには3つの要素の数字を増やすという単純な形です。

1.客数を増やす

必要なことは次の2つです。
・新規顧客を増やす
・流出客数を減らす
そのためには、チャネルを増やす、効果的なプロモーションを実施するなどの新規獲得に向けた活動や、アフターサービスを強化して既存顧客のフォローをするなどの対策が考えられます。前者はおそらく日々やっていることかもしれませんので、まずは後者に着目してもいいかと思います。既存顧客からの紹介も新規につながる可能性がゼロではありません。

2.購入単価を上げる

必要なことは次の2つです。
・購入点数を増やすこと
・商品1点あたりの価格を上げること
2番目の方法は、すぐに実施すると客離れになってしまいますので慎重にならざるを得ません。ですからセット価格の提供や、まとめることでメリットを出すという方向からスタートしたほうが得策です。

3.購入頻度をあげる

リピート数を増やすこと に尽きると思います。
流出顧客を減らす活動と同じになりますが、アフターフォローが大事になります。また定期購入するメリットをうたうことも策ですね。

仮説検証のサイクル

売り上げをあげる、あげ続けるためには、上記であげた方法論を何度も何度も仮説検証することをお勧めします。

どの施策が有効なのかと言うことは、商品、サービスによって異なることはもちろん、時期や方法などによっても効果が違ってきます。

当然、競合が存在するわけですから、仮説検証のサイクルは決して終わりがあるわけでは無く、続けていかなければなりません。
大事なことは、3つの要素の数字をあげるのは少しずつでも問題ないということです。

ほんの少しであったとしても、売上 = 客数 × 購入単価 × 購入頻度 という「掛け算」でできあがっている以上、その効果は大きくなるからです。前述したマーケティング的な要素ももちろん関わってきますが、少しの努力の積み重ねこそが、売り上げをあげる特効薬だということを覚えておいてください。

起業に関するご相談はこちらから