利益を上げるためには

お札とペンと電卓

「利益 = 売上 -仕入れ原価 - 費用」で表せられる利益をあげる、増やすための方法論についてのパートです。プラスの要因を増やし、マイナスの要因を減らすことですので誰でも単純にわかることかもしれませんが、その要素は以下3つとなります。それぞれ掘り下げてみましょう。

1. 売上を上げる
2. 仕入れ原価を下げる
3. 費用を下げる

売上を上げる

前々項でふれたところで重複しますので、このパートは割愛しますが、客数アップ、購入単価を上げる × 購入頻度をあげる、の3つで仮説検証を繰り返すということです。

仕入れ原価を下げる

仕入れ原価を下げると、粗利率があがります。ですが、何でも原価を下げればいいというわけでは当然ありません。やみくもにやると、品質が悪くなるでしょうし、お客様が離れていくかもしれません。どんな会社でも、利幅が低い商品もあれば、高い商品もあるでしょう。やはり高い商品の割合を少しでも増やすことを考えていけば全体の粗利率は向上します。またその行動の前提として、粗利益がすぐに把握できるような仕組みが必要不可欠です。昨今、何でも「見える化」が叫ばれていますが、この粗利率もある程度わかっていないと、アクションプランは完成しません。

費用(コスト)を下げる

コスト削減は、最初に考えることかもしれませんし、経営者にとっては永遠の課題でもあります。経費は固定費、変動費あわせるとたくさんあります。無駄になっているコストはないのか?もっと押さえられるものは無いのか?など気になるポイントです。業態業種によってコスト削減の方法は異なるはずです。ですが、コストの中でもそのシェアの高いものをいかに抑えられるかをぜひ考えてください。わずかなダウンであっても、全体割合が高いと効果は大きくなるからです。そして何でもかんでも減らしてはモチベーション低下になる可能性もあります。だからこそメリハリが必要です。

会社は利益をあげていかないと存続できません。だからこそ難しい課題でありますしゴールが無いことですが経営者の腕の見せ所でもあります。

起業に関するご相談はこちらから