法人口座の開設

atm

今回は、法人口座を開設するための具体的な手順についてご説明していきます。

法人口座を開くまでにかかる期間

起業後のスピード感を維持するためには、法人口座のスムーズな開設が重要です。一方で、昨今は詐欺や不法な商行為によって法人口座を悪用する事件が相次いでいるため、法人口座の開設のために金融機関が要求する手順は厳格化しています。法人口座の開設に際し、金融機関が各種の提出書類や事業内容の詳細などを確認するのです。

法人の設立後、法人口座の開設に必要な登記関係の書類が取得できるようになるまでに1~2週間、また、書類すべてが提出されてから銀行が審査を行う期間としてさらに1~2週間かかるので、法人を設立してから法人口座の開設が完了するまでには1ヵ月前後を見込んでおいたほうがよいでしょう。ただし、必要書類がすべて入手できた後であるならば、地方銀行の窓口でその日のうちに開設できた事例もあるようです。

法人口座を開く金融機関を決める

まずは、法人口座を開く金融機関を決めます。手数料の安さ、将来的に融資を受けたいかなど、様々な切り口から検討してみましょう。今では口座開設に必要なほとんどの情報がインターネット上でわかるようになりました。それでも不明な点がある場合は、上記の口座開設にかかる期間などを含め金融機関に問い合わせて詳細を聞き、会社設立後の慌ただしい期間の負担となることを少しでも減らしておきましょう。

法人口座を開くために用意するもの

法人口座の開設のために金融機関に持参しなければならない書類は、各金融機関によって異なりますが、例えば、本人確認資料、履歴事項全部証明書、印鑑証明書、会社の業務内容を証明するための資料などです。提出書類に不備があれば、その分、口座開設までに余計な時間がかかりますので注意しましょう。

法人口座開設の審査基準

前述したように、法人口座の悪用を防ぐため、金融機関による審査が非常に厳しい場合があります(特に大手銀行)。一般的に、資本金の金額や業務内容、きちんとした実態のある法人かどうかといった本質的な部分は必ずチェックされます。

起業に関するご相談はこちらから