法人口座の意義

通帳

今回は、法人として活動をしていく上で重要な法人口座の意義について、詳しくご説明していきます。

法人口座とは

銀行や信用金庫などの金融機関に設けられた法人名義の口座のことです。業務内容にもよりますが、法人口座は、資本金の入金、納税のための積立、給与の支払い、買掛金・売掛金の入出金など、様々な金銭の支払いや受取りに利用されます。

法人口座の必要性

実務上、法人口座がなければ法人としての営業活動が制限されるため、通常は法人を設立すると法人口座を開設する流れとなります。法人口座がないと、商品の受発注も難しくなり、経理も猥雑になります。また、法人であるにもかかわらず使用しているのは個人の口座ということでは、対外的な信用度も低くなってしまいます。税務署に痛くもない腹を探られないためにも、個人と法人の口座は別々にしたほうがよいでしょう。

法人口座はいつ作れるのか

法人口座は、法人を設立してからしか作ることはできません。そこで、起業後に失速しないために、法人口座の開設を速やかに行うための事前の情報収集が大切となります。

法人口座開設のメリット・デメリット

振込手数料や口座維持料など、各種の手数料を考慮することももちろんですが、メインバンクとしてお付き合いが始まったり、融資を頼む時に取引の状況や口座残高などで左右されたりすることがありますので、口座を開設する金融機関選びはきちんと検討した方がよいでしょう。また、事業形態に応じて複数の口座を開設する企業も多いのですが、数を増やせばその分、提出書類を取得するための費用がかかり、同様に維持費もかかることがありますので、むやみに開設しても使わない口座が増えれば無駄な出費となります。

最近は各種インターネット銀行の利便性も高くなりました。通常の銀行の他に、ネット銀行を開設しておくのも、振込の際の手数料が安い場合が多いので経費の節約になります。また、投資目的で使用することもできます。法人口座の利点を最大限に引き出すために、ご自身に適した口座を選ぶことが大切です。

起業に関するご相談はこちらから