6W2Hを使って事業計画書を作る

では事業計画の中心というべき事項に入ります。これから始めようとしている事業を、6W2Hの切り口を使ってまとめてみてください。頭で考えるだけではなく、ぜひ紙に書いてみることをお勧めします。現時点でどの分野の構想が弱いのか明白になります。

What?

顧客にどんな商品・サービスを提供しようとしているのかをまとめます。商品名、メニュー名などが決まっているのであれば指定しておいてください。同時に、その商品が市場ニーズにマッチしているのかも考えておくとよいでしょう。

Why?

なぜ、その事業を実施するのかという目的です?先に掲げたビジョンに近いものになるでしょう。社会的存在意義も書いておくと、なおよろしいかと思います。

Where?

どの市場(マーケット)に対して商品・サービスを提供しようとしているのか?を明確にします。

Whom?

誰に対して、商品・サービスを提供しようとしているのか?それは数が多いのか?
Whereで想定した市場の中で、できる限り具体的に顧客を想定しておくことをお勧めします。

When?

いつ事業をスタートするのかXデーを決めます。またスタート後、資金や人材などをいつどのタイミングで投入すればよいのか?も想定しておくとよいでしょう。

Who?

誰が事業を実施するのか?現時点では一人しかいなくても、いずれどんなパートナーやどんな人材が必要になるのかを想定しておきます。

How to?

どうやって商売、サービスを売っていくのか?自社商品・サービスには、どのような特徴があって、他社との差別化はどこにあるのか?

How much?

具体的な資金計画をたてます。事業スタートするには資金がどのくらい必要か?運転資金はどの程度必要かなどを明確に算出します。予測段階ですので、厳しめに算出した方がよいです。

まとめ

6W2Hについては、すべて重要な項目であり、どれも欠かすことはできません。どこからアプローチしても構いませんが、時々「Why」に立ち戻ってみてください。原点に戻って考え直すことは大事なことで、事業計画を固めていくうえで誰しもが通る道です。

またビジネスを継続していくためには、競合に勝っていかなければなりません。ですから、「How to」も大事な要素です。これについては、この次の回「競合分析」で詳しく触れることにいたします。

いかがでしょうか?6W2Hを使うと漏れが少ない事業計画書になります。

起業に関するご相談はこちらから