伝統あふれる日本橋の甘酒横丁

main3-491x277

日本橋コワーキングスペース準備室の横山です。

先に紹介した、明治座、浜町公園から人形町駅方面まで伸びる道は、「甘酒横丁」と呼ばれています。そこには、何代も続く老舗のほか、和菓子や雑貨屋、伝統工芸品などの多くのお店が軒を連ねています。

 

甘酒横丁の街の由来は、明治時代、今の甘酒横丁入口付近に「尾張屋」という甘酒屋さんがあり、その小路を「甘酒屋横丁」と呼んでいたのがこの呼び名の起源のようです。そのころから、人形町にあった寄席や明治座の芝居帰りの見物客で賑わっていたそうです。今も、芝居帰りのご婦人達、そしてランチ時はお昼時のサラリーマンでにぎわっています。

 

関東大震災のあと、道路が広げられましたが、江戸時代から続く古い歴史を今も感じられます。

のんびりと散策するもよし、食べ歩きをするもよし。江戸の風情をぜひ、感じに来て下さい。

 

http://amazakeyokocho.jp/

コワーキングスペースのお問い合わせはこちら