コワーキングスペースで登記するメリット

eg-07223-507x277

日本起業家倶楽部 日本橋コワーキングスペース 立ち上げ準備室の横山です。
なぜ、自宅で登記するよりもコワーキングスペースで法人登記をした方が良いのでしょうか?

主なメリットは、以下の4つです。

仲間・人脈作りに!
改めて、コワーキングの意味は?
co-workingつまり、英語の接頭語でいうところの「共同、共通、相互、同等の意」になります。
通常のレンタルオフィスは、一つの場所を小分けに区切って、貸し出すサービスですが、それに対して、コワーキングスペースは、その空間を区切らず、真ん中に大きな机を置き、皆で輪になって、それぞれの仕事をするようなイメージです。
起業したてのころは、特に新規営業先の開拓につながる情報と人脈づくりが重要です。そういった意味でも私は、コワーキング スペースをお勧め致します。

家賃の節約に!
起業当初は、月々の固定費を最小限に抑えることが重要です。
オフィスを借りると当然家賃、光熱費などがかかります。だからといって、今住んでいる自宅を登記しようとしても、賃貸マンション契約では、会社登記してはいけないという禁止条項が入っている場合もあります。
法人登記が可能なコワーキングスペースでしたら、よりスペーシャスな空間をより低コストに利用できるのです。

個人情報が守られる!
会社を登記すると、市区町村ごとの新設法人の住所一覧に登録され、誰でも閲覧できるようになってしまいます。しかもそれをもとに、営業先リストとして販売している業者も数多くあります。
ですので、自宅を登記すると、家賃がかからないというメリットがありますが、個人情報が閲覧されてしまうというデメリットがあるのです。

安心・信頼!
法人登記だけならバーチャルオフィスというサービスもあります。月額3,000円程度で利用可能です。六畳一間のアパートを借り、そこを貸し会議室として運用し、法人登記も受け付ける、というスタイルが一般的です。
ビルオーナーの許可があれば、もちろん法律的には問題ありませんが、あまり良いイメージを持たれないこともあります。せっかくの法人登記、人が集うコワーキングスペースで法人登記をされてみてはいかがでしょうか。

星取表

コワーキングスペースのお問い合わせはこちら